072-937-6303

定休:火曜日 日曜日 祝日

プロフィール

院長 プロフィール 写真当院のホームページへご訪問ありがとうございます。

主な施術はすべて院長の私一人で行っています。どんな人が施術をしているか、あなたも気になる思いますので、
このページでは、私のプロフィールを紹介いたします。
名前 木下展宏
保有国家資格 柔道整復師、鍼灸師、
保有民間資格 温熱マイスター、ふくらはぎ療法師、
ラムンラマイ整体セラピスト

柔道整復師 免許証明書 はり師 免許証明書

幼少期に3度も九死に一生を得る

夕暮れの子どもイメージ1度目は産まれた直後です。私は仮死状態でした。持ち直しましたが、1か月後検診の時は出生体重より減っていて、両親を心配させたそうです。
2度目は1歳半の時、階段から落ちました。頭を打ってしまったそうなのですが、なんとか助かりました。

3度目は6歳の時です。この時は記憶があり、しっかり覚えています。髄膜炎になり入院しました。この時は本当に状態が悪く、お医者さんにも「万が一を覚悟してください。」と言われました。
しかし奇跡的に回復することができました。幼少期は本当に体のことで両親に心配をかけました。

薬学の大学受験に失敗、しかし柔道整復師への道を見つける

受験に失敗の画像勉強はできる方だと自負していたのですが、あえなく薬学の大学受験に失敗しました。そして1年間浪人生活をしました。浪人中も医療系に進みたいという気持ちは変わりませんでした。
そこで先生から柔道整復師という仕事もあると提案がありました。当時、柔道整復師の学校へ入学するには、受験だけではなく紹介が必要でした。幸運なことに母はマクロビを習っていてそこで鍼灸師の先生と知り合い、紹介して頂けることになりました。20歳の時に柔道整復師の学校へ入学することができました。

学校へ通いながら、整骨院で7年間修行の日々

施術 イラスト学校入学と同時に千林で一人暮らしを始めました。朝と夜は整骨院で修行、昼休みの間に学校へ通うハードな日々でした。まさに「修行」というワードがピッタリ。しかし、大変な日々の中、良い同僚に恵まれ仕事は楽しかったです。切磋琢磨しながら一緒に技術を磨きました。今はそれぞれ自分の院を開業しています。
仕事と勉学の両立でハードな中、一緒にスキーに行ったり、楽しい思い出もたくさんあります。

柔道整復師の学校を3年で卒業し柔整師の資格を取得した後、鍼灸師の学校へ3年通いました。学生の6年間はずっと整骨院で修行をしていました。

26歳で念願の開業!しかし、3年で廃業

柔道整復師と鍼灸師の資格を取得して針中野で開業しました。念願の自分の院を持つことができ、とても嬉しかったのを覚えています。7年間整骨院で修行してきて、最後は副院長も務めましたので実績もあると思っていました。しかし、雇われ副院長と自分で経営するのは全く違いました。施術の技術はありましたが、院を経営するという知識が全くありませんでした。
悔しいですが、開業して3年で廃業することになりました。

羽曳野市で現在の院を開業。今年で19年目

整骨院の外観写真2002年10月に大阪府羽曳野市に現在の院を開業しました。開業するにあたり、自分に足りなかった知識を学んでから開業しました。
しかし、技術は学んでも学び終わることはないと感じております。ご来院される方々に楽になっていただきたい、良くなっていただきたいと思うと、一生勉強ですね。現在も月一回、技術の研修に参加し、セミナーも開催しています。おかげさまで、ご来院してくださる方々に支えられて19年間続けることができています。ありがとうございます!これからも精進いたします。よろしくお願いいたします。

46歳で父になる

父になった写真 赤ちゃんと一緒に私の人生の中での一番の出来事でした。子供が産まれました。年を取ってからの子供は可愛いと言いますけど、本当にそうですね(笑)
子供の体力について行くのは大変ですが、あっと言う間に過ぎ去ってしまう子育てを今、楽しんでいます。
現在子供は3歳で、自我が芽生えなんでも自分でやりたいと言っています。靴も自分で履くのですが、よく逆に履いたりしています。一生懸命履いてる姿が可愛いです。

私が目指す施術家とは

ふくらはぎ施術写真私が目指す施術家は、お客様の不調の根本的な部分をケアし、改善までをしっかりサポートし、寄り添える施術家です。

症状が一時的になくなっても、また症状が戻ってしまっては意味がありません。
私は19歳から鍼灸整骨院で修業をし、かれこれ20年以上施術家としてお客様に接してまいりました。
長年、施術家をしていて思う事は「お客様ご自身でするホームケア」の重要性です。毎日プロの施術を受けることはできませんので
健康な体を維持していくためにはご自身での日々のケアが必要不可欠です。
「長生きしたけりゃふくらはぎをマッサージしなさい」という本で有名になり石川洋一先生(外科医)の意志を継ぎ「ふくらはぎ療法」の普及につとめていらっしゃる身心健康堂グループ代表 鬼木豊先生と身心健康堂お茶の水院の院長であられる槙孝子先生に直接ご指導して頂き、見よう見まねではできない、「ふくらはぎマッサージ」と「温熱療法」の確かな原理と技術を修得しました。
当院ではお客様一人ひとりに合わせたホームケアを指導致します。ホームケア(下ごしらえ)をして頂く事で、症状のより早い改善が見込めます。
”プロの施術+お客様ご自身でのケア”で一緒にお悩みの症状を改善しましょう!

お知らせ